機械設計とは

本題に入る前に、私の中での機械設計の定義を示したいと思います。

1. 設備自体の設計
2. 設備を構成する加工品の設計
3. 設備で使用する購入部品の選定
4. モータやエアシリンダなどの駆動部品の選定

会社によっては、もしかすると4番は電気設計が行うということもあるかもしれません。ただ、私の知りうる範囲では、上記1~4番は機械設計が担当することが殆どのように思います。

機械設計の教育

では、このような広い範囲をカバーする機械設計について、どのような教育を行えばいいのでしょうか。
OJTなので実機を触って…という方も多いのではないでしょうか。私の場合も、勿論実機を見てもらいますが、座学もして貰います。

教育の内容

さて、肝心の教育内容ですが、以下のようにしています。

1. 労災防止の為の教育
2. 実機を見学
3. 機械設計の基礎(機械力学や材力など)
4. 装置設計の基礎(ボルトの規格など)
5. 電気機器の基礎(モータなど)
6. エア機器の基礎(エアシリンダなど)
7. 安全設計について
8. 設備とコスト・タクトタイム

ざっくりとこんな具合です。
実際には、この間にOJTとして設備の組み立て調整などを手伝ってもらいます。座学だけでは飽きてしまいますので。
また、会社によっては、新卒社員が入社半年後などに、それまでに学んだ内容について壇上での発表を行うこともあるようです。その場合には、それらの準備もパラレルに行います。

労災防止の教育

最初に、労災防止について教育を行いますが、これは総務や本社で纏めて行う…なんて会社も多いと思います。その場合でも、学んできた内容について、ザックリと確認しておいた方が良いでしょう。
入社して即労災(勿論ベテランでも問題ですが…)は可哀想ですので、ここはしっかりと教えておきたいところです。特に設備の設計・管理業務は危険がつきものですので、最初に危険の目を摘むことは重要です。

新人教育

皆さんの会社では、新人教育はどのようにされているのでしょうか。
設備設計というジャンルは、キャリア(中途)や異動で…という方も多い分野だと思いますので、新卒でいきなり設備設計ということは少ないかもしれません。
ただ、現在は設備設計の人手が足りていないという声も多く聞きますので、いきなり放り込まれて戸惑うということもありそうです。

設備設計は、大きく以下に分けることが出来ると考えています。

1. 機械設計
2. 電気設計
3. 情報設計(プログラムなど)

2と3は、同じ人員・グループで回しているという会社も多いと思います。場合によっては、1から3まで同じ人員…という会社もあるでしょう。

さて、工学系の学部や専攻から設備設計に入った場合、大抵の会社はOJTという形を取ると思います。いわゆる、まずは現場で学ばせるというものです。

教育の内容は?

OJTと言われても、困る…というのが現場の本音ではないでしょうか。多くの場合、設備設計は流用設計にしても新規設計にしても、一点物であるので、教育の雛形が作りにくいものです。
更に、分野は機電情に跨がりますので、それらを全て…というのはなかなか辛いものがあります。
実は、私も昨年、新卒社員の教育担当を拝命致しました。その際に資料や教材について色々と調べてみましたので、分野ごとに紹介したいと思います。

設備設計をされている皆さんへ.

設備設計は,様々な知識を要求される職業だと思います.
機械・電気・情報など…
特に情報は,ラダーに加えてプログラムの知識も要求されつつあります.
私も勉強中の身ですが,そのような中で学習した内容について纏めました.
備忘録として,更に皆さんの一助になればと思い,サイトを作りました.

No newer/older posts